TOP

会社概要

こめ一覧

北竜ブランド

自然派商品

ご注文

リンク


身土不二、医食同源」の社訓を守り

「身土不二、医食同源」の社訓に則り、安全且つ美味しいお米の販売に努力し、輸入米の販売は一切行っておりません。

代表取締役社長
 中川 喬雄
身土不二(しんどふじ)とは、
自分の住む土地で採れた物を食べると健康で長生きできるという教訓です。 「人と土は一体である」「人の命と健康は食べ物で支えられ、食べ物は土が育てる。故に、人の命と健康はその土と共にある。」という捉え方。 「身体(身)と環境(土)とは不可分(不二)である」という事で、簡単に言えば 「身体と大地は一元一体であり、人間も環境の産物で、暑い地域や季節には陰性の作物がとれ、逆に寒い地域や 季節には陽性の作物がとれる。暮らす土地において季節の物(旬の物)を常食する事で身体は環境に調和する」 というものである。俗に住んでいる所の三里四方の物を食べて暮らせば健康でいられると言われています。
医食同源(いしょくどうげん)とは、
病気を治すのも、食事を摂るのも、生命を養い健康を保つためで、その本質は同じだと云う,食の大切さを教えた言葉です。                                                  



中川米穀株式会社

北海道札幌市中央区南12条西14丁目1-24
TEL:011-561-4718
FAX:011-563-6228

創業 昭和4年
資本金 2000万円
売上 平成18年度 約4億円
社員数 17名

「身土不二・医食同源」を社訓に、徹底的に安全な食生活を提言し、減農薬米を専門に販売していま す。輸入米の取扱は一切していません。

農薬・化学物質・食品添加物を含まない、あるいは極力減らした食品や野菜等の販売。

中川通信がFM放送に変わりました
「身土不二」の教えの実践こそが日本の農業と国民の生命と健康を守る唯一の方法と考え「中川通信」を発行して「身土不二」の教えを広める運動をしてきました。

平成14年8月よりFM局「ラジオカロスさっぽろ(78.1MHz)」で毎週土曜朝9時より1時間のレギュラー番組「身土不二 中川通信」のパーソナリティをしています。

現在は毎週木曜日午後6時〜7時の放送で土曜日は再放送となっています。
放送を通して皆様と一緒に自然・食・生命・健康について考えて行きたいと思います。

米アレルギー好適米ゆきひかり、腎臓疾患者用低グリテリン米春陽(しゅんよう)、透析患者対

 応低りん米ひかるくん、等の対応米の販売。  

 

 

TOPに戻る